ランディングページ制作の極意

ランディングページ(LP)とは?

ランディングページとは、広告などからのアクセスを想定して作られ、一班のページに比べコンバージョン率(成果を獲得する割合)が高くなるように設計されたページです。 基本的には1ページのみで作成され、商品や商材の販売、セミナーの申し込み、店舗の予約などを目的として作られることが多いです。

ランディングページ(LP)制作のポイントは?

コンバージョンを上げるためには様々なセオリーがあります。 もちろん商品の内容やブランドイメージに合わない場合もありますので一概には言えません。 ですが、制作する上でのポイントを抑えておくことで応用を利かせたデザインが可能となります。 ここではライティング以外の、デザイン部分でのランディングページ制作のポイントについてご紹介いたします。

1.メリハリの効いた配色

ひとつひとつの要素を目立たせるために、全体としてメリハリを効かせた配色が使われることが多いです。 具体的に取られる手法として、・同系色は使わず、補色などを活用する ・コントラストを高くするなどが挙げられます。

2.メインイメージを大きく扱う

ページを開いた瞬間に感じる印象を高めるために、多くのランディングページで大きなメインイメージをファーストビューに配置しています。 メインイメージではイラストよりも写真を使ったものが多い印象ですが、これはコンバージョン以上に制作費や制作期間に依存するものが多いでしょう。

3.キャッチコピーの見せ方に工夫を

キャッチコピーに対して、メインイメージに負けないくらいのインパクトを与えるために様々な仕掛けをします。 例としては、・キャッチコピーの周囲にホワイトスペース(余白)を多く取る ・背景に色を置き、文字と背景のコントラストを高める ・文字にグラデーションや境界線などの加工を加えるといったものが挙げられます。特にホワイトスペースについては、メインイメージとの関係性を考える上で重要です。 ファーストビューをユーザー目線で見たときに、どのような順番で視線移動するかを考えながらデザインをすることが大切です。

4.リンクはボタン化し、グラデーションやベベル(エンボス)加工を使う

リンクはユーザーへのアクションを要求する要素です。より行動を喚起させるため、ボタン化するのが望ましいでしょう。 ただし、プライバシーポリシーなどのようにコンバージョンにつながらないリンクの場合は、逆に目立たないようにテキストリンクにするのが一般的です。ボタンのデザインについては、意図的にフラットなものを使いたくなることがままありますがやめておいたほうが無難です。 グラデーション(特に上のほうが明るい配色)、ベベル・エンボス加工、ドロップシャドウなどを活用するとボタンに立体感を出すことができ、より高いコンバージョンが期待できるでしょう。ホバー時の動作についてはあって損はないのですが、スマートフォンなどアクセス元が多様化している現状では、意図した動作をしてくれない場合があります。 特殊な動作をしなくても行動を喚起するデザインを作ることが大切です。

ランディングページ制作料金

☆参考例 1ページのランディングページ作成
80,000円
デザイン50,000円
コーディング30,000円
トータル80,000円

料金詳細

デザイン30,000円~ ※1ページ A4サイズ3枚程度までを想定した料金です。
コーディング10,000円~
※1ページ A4サイズ3枚程度までを想定。 修正については、内容にもよりますが3回までが目安です。 それ以上の場合は追加料金が発生する場合がございます。上記の価格は、1ページのみのランディングページの制作費用です。 複数ページに渡る構成の場合、別途追加料金が発生します。 詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせはこちら
WordPress構築
ランディングページ LP制作

@dronebeetle

ブログ記事

お問い合わせはこちら

旅ブログ始めました。