世界中でチェーン展開しているお店も、海外に行った時に足を踏み入れてみると思わぬ違いにびっくりするものです。
どの国に行っても、24時間安心して入れるファーストフードといえばマクドナルド。
香港のマクドナルドの朝限定メニューには、日本では見かけない変わったメニューが置かれています。

香港 マクドナルド

こちらは香港国際空港にあるマック。外観はほとんど変わらないです。
僕はLCCでの旅行がメインなので深夜・早朝発の場合が多く、香港のマックは24時間営業なので安心して食事をとる事ができます。

香港 朝マック メニュー

朝マックのメニューはこちら。
ソーセージマフィンやフィッシュバーガーなどお馴染みのメニューがありますが、今回注文するのは左下から二番目にあるメニュー。

香港 朝マック

こちらが香港のマックでのみ食べられる朝マックメニュー、マカロニスープです!
セットで31.8香港ドル(約430円)。値段は日本の朝マックとほぼ同じくらいですね。

香港 朝マック マカロニスープ

上に乗っかっているのはグリルチキン。マカロニスープはこのグリルチキンが乗ったものと、ソーセージと卵が乗ったものの二種類が用意されています。
あっさりとした味付けのスープは温かくて朝食にぴったり! チキンが乗っているおかげでボリュームのバランスも取れています。

マカロニスープは香港の名物料理の一つ。もともとイギリス領だったことから広まったのだと思います。
同じく香港の定番、ミルクティーを一緒に飲めば、空港についた瞬間から旅行気分が高まります。

香港国際空港

香港国際機場

マクドナルドは香港国際空港 到着ロビーにあります。