高雄国際空港の出国エリアにある飲食店好饗廚房 Homee Kitchenは、空港を中心に展開しているチェーン店です。
午前6時から深夜0時まで営業しているので早朝・深夜発の便でも安心して食べられます。

好饗廚房 高雄空港

メニューには中華料理を中心に、パスタやプレートメニューなども並んでいます。
台湾らしい点として、台湾小吃(台湾の屋台料理など)も取り扱っているところ。
ナイトマーケットに比べると当然割高ですが、衛生管理は当然屋台よりずっといいので、旅行中は挑戦できなかったメニューにチャレンジしてみるのもいいかも。

好饗廚房 高雄空港 肉燥乾麺セット
今回注文したのは肉燥乾麺と貢丸湯、仙草ゼリーのセットで150台湾ドル(約497円)。

好饗廚房 高雄空港 肉燥乾麺

肉燥乾麺(バーソーガンミェン)は、肉燥(バーソー)という豚肉のそぼろを麺の上にかけた汁なし麺です。乾麺=汁なし麺、覚えやすい。
このお店の場合麺がけっこうやわらかめで、太さもあるのでうどんみたいでした。
豚そぼろは醤油系の濃いめの味付けがしてあって、こんなのもう麺に合わないはずがないじゃないですか! 今朝は早朝出発のため午前4時台に起きたので、冷えた体に温かさがしみてきます……。

好饗廚房 高雄空港 貢丸湯

貢丸湯(ゴンワンタン)はあっさりしたスープの中に肉団子が入ってます。切れ目を入れてるのは火の通りを良くするためなんでしょうか?
これ、今の今まで魚肉団子だと思ってました。なんと豚肉入りの肉団子だそうで、検索するまでちっとも気づきませんでした。
ぷりぷりしていて肉の臭み?もなく、スープと優しくマッチします。

デザートについてきた仙草ゼリーは、仙草というシソ科の植物の葉や茎を乾燥粉末にしてゼリーにしたもので、生薬でありながらありふれたデザートとして広まっている食べ物です。
それ自体の味というよりシロップの甘みとプルプル食感を楽しむって感じですかねぇ。名前や見た目ほどのインパクトはなく、普通にツルンと食べられちゃいます。

好饗廚房 Homee Kitchen 高雄空港

今回食べたセットの他にも、排骨麺や魯肉飯、牛肉麺などなど台湾名物料理がいっぱい!
ぜひ旅行の最後の食事に、美味しかったあのメニューや食べそこねていたあのひと品を食してみてはいかがでしょうか。